So-net無料ブログ作成

平成動物病院

今日、今年初めて平成動物病院に行ってきました。フィラリアの検査です。白内障の検査もしてくれました。
昨年だいぶお世話になった病院になります。
愛犬ココア(9歳♂)は、6歳の頃から会陰ヘルニアという病気になっていました。
原因ははっきりと解らないんですが、たぶん男性ホルモンの病気ではないかと言われています。
肛門の横辺りの筋肉に穴があいて、そこから腸が出てきます。それがお尻の皮と筋肉の間に溜まって膨らんでいきます。
穴が大きくなっていくので、中の物がどんどん出てきて更に大きく膨らんでいきます。
手術じゃないと治らない病気になります。
ココアの場合、2歳の頃から発症しているリウマチと28個のアレルギーの為、麻酔のリスクが普通より高く、病院では結構嫌がられていました。
西医学と東医学…両方出来るお医者さんはいないかと探して見つけたのが平成動物病院の佐藤先生でした。
両方出来れば、何か方法を考えてくれるのではないかと思ったからです。
アレルギー…リウマチ…難しい顔はしてましたが、「僕できます。最善を尽くします」と言ってくれました。
手術をする頃には膀胱まで出ていました。
手術をしてみたらそこに神経や尿道…しかも尿道は1㎝くらい壊死していて、それを切ってまたつなぐという大手術になってしまいました。
今日ココアの経過を見て「良かった良かった…」と。尿道の事はだいぶ心配してたので(^-^)
実は退院して縫い方があまりにもきれいでビックリしたのです。丁寧に扱ってくれたんだなと思いました。
因みにココアは退院の日、ポロポロ泣いていました…犬がポロポロ泣くのを初めて見ました…
本当によく頑張りました。





nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 2

アルトとシュガー

こんばんは
病気はかかる方も 見てる方もどちらも
つらいです・・・・・
しかも ワンコは言葉がしゃべれません
でも表情で伝えてくるんですよね
うちも病気がありますが 明るく過ごそうと
思っています
一緒にがんばりましょうね。
しかし・・・いい先生に出会いましたね。
by アルトとシュガー (2013-05-24 01:30) 

ココちゃん

コメントありがとうございます。
この先生は初対面の時に、
「できます…」と言われてビックリしてる私を見て
「私ではと思うんなら…」と、対応出来る他の病院の先生を
迷わずに紹介しようとしてくれたんです。
アレルギー、リウマチの他にも少し問題があったので…
これが、この先生に預けてみようと思った理由でした。
何も言わずにただ一緒に居てくれるワンコは偉大ですね。
何が最善の方法なのかは考えても考えても解らないのですが
一緒にがんばりましょう。
by ココちゃん (2013-05-24 11:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0